#ねえかいくんちょっときいて

f:id:bt02k:20181204141306p:plain

ラジナタ、MC抜擢おめでとうございます!クラッカーパーーン。

いまのところ毎週聴けてる。ハッピーフライデイ。毎週末1時間も推しの一人トーク(ひとりごと)聴ける世界ってこんなにしあわせなんだな、と。

かいくんの(けーぽ)オタクとしての生態が何らこちらと変わらない本気(ガチ)さで笑う。羨ましいくらい能力(語彙力・観察力・考察力・布教力・楽しむ力)を装備したオタク。ちゃんと息継いでる?と酸素量心配するほどの情報量でまくし立ててくる。楽しそう。かわいい。自分が一番たのしい、これ大事。代償としてこっちは置いて行かれてるけど。無問題。

 

そこで楽しみにしてるコーナー、「ねえ、かいくんちょっと聴いて♡(あざとさを添えて)」。スタッフさんの選曲にほおお~~~と新しい刺激を貰って約1カ月。それと同時に(お便り送らせてくれ……頼む……)と思い続けて約1カ月。いや、送らなくても勝手にプレゼンしたらよくない?オタクだし。大抵のことは自己完結が可能。

 

ということで、私の私による私のための「ねえ、かいくんちょっと聴いて♡」推薦枠。

 

 

★正直、本気でオンエア狙う(ある)ならここではないだろうか、聴いて。枠。

www.youtube.com

www.youtube.com

傾向的に洒落っ気ある心地よいサウンドが推されてる感じがあるので、あってもおかしくない線。というか聴いて(圧)。褒め上手なかいくんなので、豊かな語彙で絶賛してくれるはず。過去放送で声に対する印象を「綿に包まれた鉄球みたいな感じ」と形容してた感性には恐れ入った。とりあえず、カイ「いや~~、だいぶ好きっすねこれ!(笑)(以下語彙の洪水)」待ち。

 

 

★かわいい女の子は好きでしょ、聴いて。枠。

www.youtube.com

音楽知識はないから自分だとそれっぽいこともあんまり言えないけれど、かいくんなら洒落た横文字で語ってくれるんじゃないでしょうか。ちなみに先週のイチオシ横文字感想は「シルキーですね。」SISはガーリー路線も大好物だけど、このくらいまで寄ると万人に対して開けてくる気がする。「どんな感情だって膨らんだら痛い、」はかなり好きな詞。あ~確かに。

 

 

★ときめく歌声、聴いて。枠。

www.youtube.com

Galileo Galilei、ボーカル尾崎雄貴ソロ・プロジェクト」っていう解説を読めば「へぇ~~!そ~うなんです、ね!」ってアハ体験的に納得してくれる(はず)。とても好きな声と曲調たちなのでかいくんもぜひ聴いて。MVのパワポ文字がどうした案件でいいよね。素人作成のパワポ

 

 

★ここ数年のなにもかもドンピシャ曲、聴いて。枠。

www.youtube.com

ネオレトロな浮遊感がたまりません。世界観。ロマンティック一歩手前の抽象さが逆に焚きつけてて。どのくらい好きかというと衝動的に美容院に赴きMV見せて大胡田なつきにならせてくれと頼んだくらいに好き。寄せたところであの才能と感性は宿らないんですけど…。パスピエくらいの知名度になると聴いたことあるかもしれない線なので選ばれない率は高い気がするのが難点。でも聴いて。

 

 

★聴かなさそう~~~、だから聴いて。枠。

www.youtube.com

椿屋は常に推し続けてるけれど、ソロとしての方が聴きやすいのかな、という印象。この手の曲をかいくんはどんな語彙で表現してくれるか、への興味と日本語詞の美しさを堪能してほしい一心。繊細な情緒。けーぽもいけど日本語詞の余白もいいぞ!という主張。

 

 

 ★去年に引き続き推し曲です今年はMVも出来ました、聴いて。枠。

www.youtube.com

オンエアは無いな~。オンエア如何はいい。ただ最高、一聴(一見)はしてほしい、プライベートで。枠。すと担でもないのにブログしたためる程に好き。すとはかいくん居るの図がイージーに想像できておもしろい。ここ世代ですし。いたかもしれないところが夢ある。ちなみにかいくんに欲しいソロパートは松村北斗さんの「何が起こるかは分からないなんてさ、」ですありがとうございます。超さんたちダンスのプレイスタイル他5人はトラジャだけど唯一かいくんだけスト。っていう持論でもやってる(?)

 

パっと思いつくのは先に記述したあたりだけれど、OKAMOTO’Sやらcinema staffも推したい。ただオカモトズまで行くと知名度が行きすぎなのと、オカモトズを聴いてるかいくんにフゥ~!となるかと言えばそこまでじゃないなにか(なんだろう)。cinemaは王道にギターサウンドだから引っ掛かり薄そうだな…という勝手な予測。

 

以前かいくんが自身の短所で興味あることとないことの差が激しいっていう主旨のことをどこかで挙げてたのも(どこか)、興味あることへの異常な熱量の傾きを見聞すれば納得だし、そういう意味でこの「ねえ、かいくんちょっと聴いて♡」企画、強制的に自分の興味以外のものを摂取して感想も求められる、トレーニング的にも役立ち、使える引き出しも増える、かなりの良企画だなあ、と嬉しい気持ち。ラジオを通して、また、より一層に仕事出来るマン(進化)になってしまう。こわいな。

 

 

感謝御礼ラジナタ。どこよりも熱いFriday Night!

 

live.natalie.mu